TOPニュージーランドのサッカーについて

ニュージーランドのサッカーについて

ニュージーランドのサッカーについて

ニュージーランドはラグビーとクリケットの人気が高いのですが、近年ではラグビーやクリケットにも負けないぐらいサッカー人気が出てきており、サッカーに興味を持つ子供も増えてきています。そして今では小学生の段階ではラグビーやクリケットより競技人口が多くなっています。

オーストラリアがオセアニアを脱退した今、オセアニア地区では強豪国としての地位にあります。2010年のワールドカップ南アフリカ大会予選ではオセアニアチャンピオンになり、バーレーンとの大陸間プレーオフを1勝1分で制し、実に28年ぶりの2回目のワールドカップ出場を決めました。本大会ではグループリーグ3位で決勝トーナメントへの進出はならなかったものの、スロバキア・イタリア・パラグアイ相手に全て引き分けへと持ち込み無敗で大会を終えるという、前評判を大きく上回る結果を残しました。

現代表の数多くの選手がニュージーランドで育ち、そして海外でプロサッカー選手としてプレーしております。

またニュージーランドは自然に恵まれた国であり、土のグランドは存在しなく、全ての練習を芝の上で行っています。ニュージーランド国内にはニュージーランド・フットボールチャンピオンシップ(NZFC)(ニュージーランドのトップリーグ)が存在し、そこにはクラブワールドカップ出場常連のオークランドCITY FCやワイタケレFCなどが参戦しております。
ニュージーランドにはプロリーグはないのですが、ウエリントンを拠点したウェリントン・フェニックスというプロチームがあり、Aリーグ(オーストラリアリーグ)に参戦しております。
ニュージーランド代表の選手も多くプレーをしております。

ニュージーランドの1部リーグについて

NZFCのリーグは全チームで8チームあり、オークランドCITY FCとワイタケレFCの2強であり、他のチームとの差はあります。
シーズンは9月から4月頃までです。

オークランド・シティFC

オークランドを本拠地とするサッカークラブでOFCチャンピオンズリーグで4回の優勝経験があり、FIFAクラブワールドカップにも4回出場しているチームです。

ワイタケレ・ユナイテッド

優勝2回を誇り、日本で行われた07年、08年のクラブワールドカップに出場しており、オークランドのライバルチームです。

ワイカトFC

北島のワイカトという地域を拠点としたチームです。

カンタベリー・ユナイテッド

南島のカンタベリーという地域を拠点としたチームです。
過去2回準優勝を成し遂げたチームです。

ホークスベイ・ユナイテッド

北島のネーピアという地域を拠点としたチームです。

チーム・ウェリントン

首都のウエリントンを拠点として、過去2回準優勝を成し遂げたチームです。

オタゴ・ユナイテッド

南島のオタゴを拠点としたチームです。

ヤングハート・マナワツ

北島のマナワツを拠点としたチームです。

州リーグについて

州リーグ(実質ニュージーランドの2部リーグ)は3月頃から9月頃までの期間に開催されます。リーグも数多く存在して、オークランドの地域リーグでは州1部リーグとなるものがPREMIER LEAGUE(プレミアリーグ)と呼ばれ、その次にDIVISION(ディビジョン)1、2、3と続きます。

ニュージーランドの国内の1部リーグでプレーしている選手も冬は1部リーグがない為に州リーグでプレーする選手もいます。

どのチームもホームグランドがあり、クラブハウス、ロッカーがあり、芝で練習をして、芝で試合をします。

ニュージーランドのシーズンの仕組み

サッカー選手の待遇

ニュージーランド1部リーグのチームでは少しの給料と勝利給などは出ますが、それで生活している選手はごくわずかです。
チームによっては宿泊先の提供などもあります。

州リーグにおいても同じ事で少しの給料と勝利給などは出ますが、それで生活している選手はごくわずかです。

ニュージーランドサッカーの風景

お問い合わせはこちら