TOP ニュージーランドのサッカーについて

ニュージーランドのサッカーについて

ニュージーランドのサッカーについて

ニュージーランドはラグビーとクリケットの人気が高いのですが、近年ではサッカーも負けないぐらいファンを獲得してきています。
サッカーに興味を持つ子どもも増えており、小学生の段階ではラグビーとクリケットよりも競技人口が多くなっています。オーストラリアがオセアニア地区を脱退した現在、オセアニアでは強豪国としての地位に立っています。2010年のW杯予選ではオセアニア王者になり、バーレーンとの大陸間プレーオフを1勝1分で制し、28年ぶり2回目のW杯出場を決めました。この大会ではグループリーグ3位で決勝トーナメントへ進出できなかったものの、スロバキアとイタリア、パラグアイ相手にすべて引き分けに持ち込む展開に。無敗で大会を終え、前評判を大きく上回る結果を残しました。現在の代表選手の多くがニュージーランドで育ち、海外でプロサッカー選手としてプレーしています。ニュージーランドは自然に恵まれた国ですべての練習を芝で実施しています。ニュージーランドのトップリーグ「ニュージーランドフットボールチャンピオンシップ」(NZFC)には、クラブワールドカップ常連のオークランドCITYFCやワイタケレFCが参戦しています。ニュージーランドにプロリーグはないのですが、ウェリントンを拠点にしたウェリントン・フェニックスというプロチームがあり、オストラリアリーグに参戦しています。ニュージーランド代表の選手も多くプレーをしています。

ニュージーランドの1部リーグについて

NZFCのリーグは全8チームでオークランドCITYFCとワイタケレFCの2強です。シーズンは9~4月ごろです。

オークランド・シティFC

オークランドが本拠地です。OFCチャンピオンズリーグで4回の優勝経験があり、クラブワールドカップにも4度出場しているチームです。

ワイタケレ・ユナイテッド

ニュージーランドのトップリーグ優勝2回を誇る。日本で行われた2007、08年のクラブワールドカップに出場しており、オークランドのライバルチームです。

ワイカトFC

北島のワイカトという地域を拠点とするチームです。

カンタベリー・ユナイテッド

南島のカンタベリーという地域を拠点にしたチームです。過去にニュージーランドのトップリーグ2回、準優勝を成し遂げたチームです。

ホークスベイ・ユナイテッド

北島のネーピアという地域を拠点にしたチームです。

チーム・ウェリントン

首都ウェリントンを拠点とし、過去2回準優勝したチームです。

オタゴ・ユナイテッド

南島のオタゴ地域を拠点とするチームです。

ヤングハート・マナワツ

北島のマナワツ地域を本拠地にしたチームです。

州リーグについて

州リーグは事実上ニュージーランドの2部リーグに相当します。シーズンは3~9月ごろです。地域リーグも数多く存在し、オークランドでは州の1部リーグがPremiere League(プレミアリーグ)と呼ばれ、DIVISION(ディビジョン)1、2、3と続きます。ニュージーランドの1部リーグでプレーしている選手が、冬は州リーグでプレーする場合もあります。
いずれのチームもホームグラウンドやクラブハウス、ロッカーがあり、芝生で練習や試合をします。

ニュージーランドのシーズンの仕組み

サッカー選手の待遇

ニュージーランド1部リーグのチームではわずかな給料と勝利給は支払われますが、それらのみで生活できる選手はごくわずかです。ただチームによっては宿泊場所の提供があります。
州リーグも同じような状況です。

ニュージーランドサッカーの風景

お問い合わせはこちら