TOP オーストラリアのサッカーについて

オーストラリアのサッカーについて

オーストラリアのAリーグ(1部リーグ)について

Aリーグはオーストラリアの1部リーグにあたるプロリーグです。2004年に始まったばかりの新しいリーグで、シーズンは10~4月です。
近年は小野伸二やデルピエロといったスター選手の補強に成功し、世界にリーグの名前を広めています。過去には三浦知良や森安洋文、海本幸二郎らもAリーグでプレーしていました。各チームに1人スター選手を獲得できる「マーキュリープレーヤー」と呼ばれる制度があり、これまでにドワイト・ヨークやロマーリオ、ジュニーニョ・パウリスタ、ロビー・ファウラーといったビッグネームが名前を連ねました。

州リーグについて

ここではシドニーが州都のニューサウスウェールズ(NSW)州のリーグについて説明します。州のトップリーグ「Premier League」(プレミアリーグ)を筆頭に、「Super League」(スーパーリーグ)、「Division1」(ディビジョン1)、「Division2」(ディビジョン2)と続きます。
このプレミアリーグは実質オーストラリアの2部リーグと言われるだけあり、数多くのAリーガーを輩出しています。2012年シーズンまでAリーグのシドニーFCでプレーしていた森安洋文も、このリーグでの活躍が認められ、シドニーFCへの入団をつかみ取った経緯があります。現在、プレミアリーグの多くのチームがAリーグ発足前のトップリーグだった「National Soccer League」に所属していました。第二次世界大戦後にイタリアやギリシャ、旧ユーゴスラビアを中心としたヨーロッパからの移民者によって築き上げられたこれらのチームは、現在でも移民一世や二世から熱狂的なサポートを受けています。
シーズンは3月中旬から9月中旬で、シーズン終了後には上位4チームによるプレーオフが行われます。プレーオフの成績とは別に、シーズンの成績をもとに優勝チームは上位リーグへの昇格、最下位チームは下位リーグへの降格となります。プレミアリーグからの昇格、ディビジョン2からの降格はありません。

サッカー選手の待遇

オーストラリア唯一のプロリーグであるAリーグ選手の平均年俸は、約12万5000豪州ドル(1000万円相当)です。ほかの国のプロリーグに比べると決して高くはありませんが、チームによっては1億円近くを得ている選手もいます。下のカテゴリーである州リーグになると、サッカーの収入だけで生活している選手はほとんどおらず、ほかの仕事をしながらサッカーをしているのが現状です。州リーグの選手は年俸制ではなく、出場給のみ得ているケースがほとんどのため、シーズンオフには給料が発生しません。NSW州のトップリーグであるプレミアリーグの場合、1試合の給料の平均が500ドル~1000ドル、その下のスーパーリーグの選手で200ドル~500ドル程度です。

 

夢を掴んだ男の例

森安 洋文 Hirofumi Moriyasu
国籍
日本
生年月日
1985年4月23日(28歳)
出身地
東京都
身長
176cm
体重
71kg
元所属チーム
シドニーFC
現在籍チーム
FC岐阜
ポジション
DF / MF
背番号
23
利き足
右足


森安洋文選手はワーキングホリデービザを使い、シドニーに渡航しました。渡航後、すぐに森安選手は州リーグのプレミアリーグのチームと契約しました。
入団後レギュラーとして大活躍し、シドニーFCの目にとまりました。その後、シドニーFCでの練習参加のチャンスをつかんだ森安選手は、ここでもきっちりと結果を残し、イングランドプレミアリーグの名門エバートンとのプレシーズン・マッチのメンバー入りを果たしました。
その試合ではかつてシドニーFCのエースでマーキュリープレーヤーだったドワイト・ヨークとの交代で出場を果たし、活躍を見せました。そしてエバートン戦終了後のロッカールームでシドニーFCの監督からオファーを受け、森安選手の「オージー・ドリーム」が実現しました。森安選手の日本での経歴はJapanサッカーカレッジ、三菱水島FCと目立ったものではありませんでした。しかし、彼はここシドニーで夢をつかみ、アジアチャンピオンズリーグで鹿島アントラーズと対戦もしました。彼のこの成功は、夢を諦めず、自分の目標を明確に持ち、挑戦する勇気があったから手に入ったのだと思います。誰もが夢をかなえることはできません。しかし、動き出さないとかなわないのも夢です。一歩を踏み出した彼は、その大切さを証明したのでしょう。

オーストラリアサッカーの風景

お問い合わせはこちら