TOP ニュージーランドについて

ニュージーランドについて

ニュージーランドの生活について

ニュージーランドの気候

オーストラリアと同様に南半球にあるニュージーランドは、日本と気候が逆で南に行くほど寒くなります。1年のうちで最も暑いのが1、2月、寒いのは7月です。年間の気温差は8、9度と大きくない一方、「1日の中に四季がある」と形容されるほど、1日の間の気温差が激しいです。

時差とサマータイム

時差は日本より3時間早いです。つまり日本時間に3時間を足すことになります。日本で正午の時、ニュージーランドで午後3時になります。また、サマータイム制度を導入しています。

通貨と為替など

通貨単位はニュージーランドドルです($1=約81円、2017年9月現在)。流通している通貨は紙幣が$100と$50、$20、$10、$5の5種類、硬貨は$2と$1、¢50、¢20、¢10の5種類です。1人で1万ドル以上の現金を所持する場合は、出入国時に現金報告書(Border Cash Report)を提出する必要があります。両替は空港より街中に交換レートが良い両替所があるので、そういった場所を利用した方が良いでししょう。ニュージーランドではクレジットカードが広く普及しており、地方の小規模店舗でも使用できるため、現金を持ち歩かなくても不便を感じません。ただし、JCBは使用できる店舗が少ないので事前にVISAかMASTERCARDを作っておくと良いでしょう。チップを渡す習慣はないですが、特別なサービスを受けたと感じた時は渡した方が良いでしょう。GST(Goods and Services Tax)と呼ばれる税金が商品やサービスに対して掛けられます。税率は15%で、これは日本の消費税に相当するため、旅行者でも返還はされません。特別な表示がない限り、値札にはこの税を含んだ金額が記載されています。スーパーの食料品はお手頃価格でお勧めです。

  • サンドウィッチ 2~3・5ドル
  • コーラ 1~1・5ドル
  • バーのビール 3~5ドル
  • カフェのカプチーノ 3~4ドル
  • シェアハウスでの家賃 100~250ドル(週)

携帯

必要であれば現地でプリペイド式の携帯電話を購入できる。携帯とSIM(シム)カードで100ドル程度です。

言語

英語、マオリ語、ニュージーランド手話

人口

人口:496万人(2016年現在)

              

首都ウエリントン人口:約20万人(2016年現在)

お問い合わせはこちら