TOPブログ

日本とドイツの指導者ライセンス制度について(1)

2018年4月29日 / ドイツサッカーについて, 最新情報

日本サッカー協会、ドイツサッカー協会、両協会とも自国のサッカー指導者ライセンス制度があり、それぞれカテゴリー分けがされています。

スクリーンショット 2018-04-21 12.22.36 スクリーンショット 2018-04-21 11.51.40

ドイツサッカー協会指導者ライセンス制度について

ドイツサッカー協会が定める指導者ライセンス制度の最高峰は「S級」であり、Fußball-Lehrer (サッカーの先生)とも呼ばれている。UEFA−プロレベルでもあり、全てのチームにおいて指導が可能である。

以下、「A級:(UEFA–A級)」、「Elite Jugend (エリート・ユース):(UEFA-B級)」、「B級:(UEFA−B級)」、「C級:(グラスルーツ)」にカテゴリー分けがされている。

受講者はB級ライセンスから受講が可能で、基本的に申し込みの早い者勝ちで受講ができる。B級より上のライセンスを受講したい場合は、B級ライセンスのテストで良い成績を納めないと上のライセンスの受講ができない仕組みになっている。

 

日本サッカー協会指導者ライセンス制度について

日本サッカー協会も同様に「S級」が最高峰のライセンス資格であり、Jリーグのチームを指揮するためには必要不可欠な資格である。

以下、「A級:ジェネラル、U15、U12」、「B級」、「C級」、「D級」と別れており、C級から受講が可能である。

AFC指導者ライセンスとの互換性があり、それぞれS級は、AFC Pro-Diploma 、A級は、AFC-A License同様の資格とされている。

 

(参照:日本サッカー協会H.P. 、ドイツサッカー協会H.P.)

……………………………………………………………………………………………………………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013