TOPブログ

「2018年」の記事

ブンデスリーガ観戦記【シャルケ04 VS ボルシア・ドルトムント】

2018年12月12日 / ドイツサッカーについて, 最新情報

こんにちは、りさです。

先日ブンデスリーガの試合を観戦してきました。

[大会] ブンデスリーガ第14節

[対戦相手] シャルケ04 VS ボルシア・ドルトムント

[スタジアム] フェルティンス・アレーナ

 

シャルケ04と、香川真司選手が所属する同じルール地方を拠点とするクラブです。

両チームともに熱いサポーターが自慢であり、ルールダービーと呼ばれるこの対決はヨーロッパ屈指のダービーマッチです。

今回はシャルケ04のホームでのルールダービーでした。

シャルケ04のホームタウンは、ドイツ西部にあるGelsenkirchen(ゲルゼンキルヘン)という小さな街です。

かつては炭鉱の街として栄えた工業都市で、シャルケ04の源泉も石炭産業にあります。

シャルケ04のホームスタジアム「Veltins Arena(フェルティンス・アレーナ)」はゲルゼンキルヘン中央駅から路面電車で20分ほどのところにあります。

 

ちなみに試合当日はチケットがあればルール地方の電車(VRR)に無料で乗車することができます。

ダービーマッチということもあり、スタジアムへ向かう電車の中からすでにサポーターは気合十分。電車の中でビールを片手に、大声でチャントを歌うサポーターが何人もいました。

 

キックオフ1時間半前にスタジアムに到着すると、入場口にはすでに長蛇の列ができていました。

ボディチェックが入念に行われるため、日本のスタジアムよりも入場に時間がかかります。

入場口はボディチェックを待つサポーターでこの人だかりです。

 

ボディチェックを終えようやく混雑から抜け出すと、少し不思議な人たちに出会いました。

彼らはスタジアムでチップスの宣伝をするために来ており、「Hallo!」と声を掛けに行くと、小さなチップスを2袋プレゼントしてくれました。

コンコースに入ると、売店に並ぶサポーターで大混雑していました。

ビールを飲んで陽気になっているサポーターが多く、皆わいわいとおしゃべりを楽しんでいました。

人込みの中を歩いていると、ドイツ人のおっちゃんに「コンニチワ!」と声を掛けられました。

シャルケ04には内田篤人選手(鹿島アントラーズ)が8年間在籍したこともあり、日本語を知っていたのでしょう。

内田選手は確かにこの地で功績を残し、サポーターに愛されていたのだなと感じ、何だか嬉しくなりました。

 

 

さて、実はここで一つ失敗したことがありました。

席に行く前に売店に寄りましたが、何も買うことができなかったのです。

フェルティンス・アレーナの売店では、専用のプリペイドカードでの決済が主流で現金は使えません。

売店は大混雑だったためレジのお姉さんも余裕がなく、プリペイドカードの買い方を聞くことができませんでした。

 

そうこうしているうちにアップが始まってしまったので、席に向かいました。

 

スタジアムに入ると、隅の方も上の方も人でぎっしりの観客席が目に入ってきました。

両チームのサポーターが大声でチャントを歌っており、日本ではなかなか見ることのできない迫力がありました。

これがヨーロッパ屈指のダービーマッチの雰囲気か、と感動しました。

 

試合はダービーらしい白熱したものでした。

前半7分にフリーキックをヘディングで合わせてドルトムントが先制すると、前半はドルトムントペースで進みます。

後半はシャルケもチャンスを作り出し、後半16分にはVARの判定からシャルケがPKを獲得。これを決めて試合を振り出しに戻します。

しかし後半29分に再びドルトムントが得点し、試合はそのまま1-2でドルトムントの勝利に終わりました。

両チームともに球際は激しく、選手がやりあうこともしばしば。

サポーターの野次も激しく、怖いと感じるほどでした。

私はメインスタンド上部の指定席で観戦していましたが、近くに座っていたサポーターもとても熱い方々で、試合中によく大声で叫んでいました。

 

今回は香川選手の出場はありませんでしたが、数年前にはこの雰囲気の中で香川選手と内田選手の日本人対決があったと考えると、とんでもなくすごいことだったなと思います。

 

スタジアムを出た私の率直な感想は「ここは部外者が来るところではないな」でした。

ルールダービーは選手もサポーターも、そう思わせるだけの迫力がありました。

 

今回のブンデスリーガ観戦ではドイツサッカーの熱さと激しさを強く感じることができ、感激の連続でした。

タグ: , , , , , ,

欧州旅行定番!超格安航空会社ライアンエアー(Ryanair)搭乗記

2018年12月10日 / ドイツ生活, 最新情報

こんにちは、こうだいです。 旅行大好き、でも安く行きたい私は、

今回フランクフルトからロンドンライアンエアーで行ってきました!

まず、ライアンエアーとはなんぞ?と思われる方もいるとは思いますが、アイルランドの格安航空会社で、

片道10€からの便などもあってお安く欧州を旅したい方にとっては欠かせません!

ハネムーンなどで来る方にとってはどうでもいい話ですが。。。

基本的にはセカンダリー空港を使用するライアンエアーですが、

フランクフルト国際空港にはちゃんとありました。ヽ(;▽;)ノ

運賃は往復で100€ほどでした。

 

ライアンエアーを乗る際に一番気をつけなければならないこと。

「チケットのプリントアウト」です! これを忘れてしまうと、空港で55€支払うはめになります!!!

絶対に避けなければなりません。。

しかし、基本的にチケットは搭乗2日前からしか印刷できないので、帰りの便には要注意です!

僕は現地の写真屋さんでなんとか印刷できました(^^)

フランクフルト国際空港に着くと、電車でターミナル2へ移動します。

そして、ライアンエアーなどLCC特有のビザチェックを受けます。

これはEU市民の人以外は受ける必要があります。僕の場合は10秒ほどで終わりました。

ちなみに荷物は追加料金です。6€追加で、小さいカバンと10キロのまでの荷物を機内に持込可能。

20€追加で、20キロまでの荷物をVISAチェックの際カウンターで預けることができます。

 

通常ゲートは30分前から開きますが、ライアンエアーの場合30分前に閉まります。

30分前ジャストにゲートに行った私はめちゃめちゃ急かされました。(^_^;)

そこからはバスに乗り飛行機へ向かい、自分の足で飛行機に乗り込みます。

席は全然綺麗で座り心地も悪くないですが、リクライニングはついていませんでしたTT

機内サービスはすべて有料でこんな感じ。べらぼうに高いわけではないですね!

   

その後遅れることなくスタンステッド空港に到着しました!がバスが来るまでに時間を食ってしまい30分ほど遅れてしまいました。

まぁ、想定していたことなので、我慢我慢(笑)

 

“Low fares made simple”

機内で時折流れる言葉はまさにその通りで、何かにつけて「安いから仕方ないか。」と納得してしまいます。

全体を通して、お値段以上です! もちろん他の航空会社と比べると劣る部分は多いですが、なんにせよ運賃が安すぎるので満足です。また、旅行中はずっと得した気分でいられるので旅行がより楽しく感じます!

これからもどんどん利用していこうと思います!

 

 

ドイツ短期留学(高校生)

2018年12月8日 / 最新情報, ドイツ短期留学

2018年11月高校3年生のGKの選手が卒業後の進路も考えドイツに2週間きました。

内容

・ドイツ人によるプライベートトレーニング

・ドイツチーム練習参加

・ドイツ語講座

・ブンデスリーガ練習見学

・ブンデスリーガ試合観戦(フランクフルト対ヴォルフスブルク)

・ヨーロッパリーグ(フランクフルト対マルセイユ)

・観光

ドイツ人GK 

              ドイツ人GKコーチによる練習           ドイツ人GKコーチによる練習

 

   ドイツ人GKコーチによる練習               チーム練習参加

     ドイツ語講座

1週目

午前 午後
1日目  ドイツ到着
2日目 ドイツ人GKコーチによる練習 ドイツ語講座、ドイツ人チーム練習参加
3日目 ドイツ人GKコーチによる練習 ドイツ人コーチによる練習
4日目 フランクフルト練習見学(長谷部選手所属) ドイツ語講座、ドイツ人チーム練習参加
5日目 フィットネストレーニング ドイツ人チーム練習参加
6日目 アウトレット(オランダ) ドイツ人チーム練習参加
7日目 下部リーグ試合観戦

2週目

1日目 下部リーグ試合観戦、観光
2日目 ドイツ人GKコーチによる練習 ドイツ人チーム練習参加
3日目 ドイツ人コーチによる練習 ドイツ語講座、ドイツ人チーム練習参加
4日目 ドイツ人GKコーチによる練習
5日目 ドイツ人コーチによる練習  フランクフルト 対 マルセイユ

(ヨーロッパリーグ)

6日目 ドイツ人チーム練習参加
7日目 下部リーグ試合観戦
8日目 女子リーグ試合観戦、

フランクフルト 対 ヴォルフスブルク

(ブンデスリーガ観戦)

9日目  フランクフルト観光 夜 日本帰国

 

            

                       オランダのアウトレット                                 観光

        

                         ドイツ料理                       クリスマスマーケット

        

              ドイツ人GKコーチによる練習                                            ドイツ人GKコーチによる練習

  

フランクフルト対マルセイユ                                 フランクフルト対マルセイユ

 

ラオスのチームがトレーナーを募集

2018年11月30日 / トレーナー, 最新情報, 各国の募集情報

ラオスのAFC CUPに出場するチームがトレーナーを急募。

滞在期間:2018/12-2019/8

ビザ:チームがサポート

待遇:住居

待遇的なところがネックになってきますが、

国際経験を積むのには非常に魅力的な案件だと思いますので、

興味のある方がおられましたら、

履歴書を添付して

info@world-fc.net

までご連絡ください。

 

Eintracht Frankfurt 女子チーム試合観戦

2018年11月19日 / ドイツサッカーについて, 最新情報

こんにちは、こうだいです。

先日女子サッカーの試合を観戦してきました。

[大会]ドイツ レギオナルリーガ(女子3部リーグ) 第11節

[対戦相手]Eintracht Frankfurt VS FC Forstern

[スタジアム]RP F-Nieder-Eschbach

アイントラハトフランクフルト(男子は長谷部誠選手が所属)には女子サッカーのチームも存在し、現在3部のレギオナルリーガに所属しています。また、こちらのチームには日本人選手2名在籍しています。

フランクフルト中心地から電車で30分ほど北に向かい、Nieder-Eschbach駅から約10分歩きます。

会場には約50人の観客がいました。年齢層も学生からお年寄りまで様々です!

 

非常に選手とサポーターの距離が近いのが印象的でした。選手入場の際にはサポーターが選手とハイタッチをしてピッチへ送り出し、試合後は選手と会話をします。

2人の日本人選手、布志木香帆選手布施香菜子選手は今回フル出場でした。布志木選手はドイツ人にも負けないフィジカルと正確なキックを武器に、布施選手は広い視野と高いテクニックで二人共大活躍でした!

前半を1-1で終えると、後半終了間際に布志木選手からのコーナーを味方選手が合わせ、2-1でフランクフルトの勝利に終わりました。

僕自身、女子サッカーを初めて観戦しましたが、僕の期待をはるかにこえてきました。皆さん背が高いのでものすごい迫力があり、非常にアグレッシブなプレーをします。こんな試合を見られるのもドイツにいる人の特権です!これからもこのチームを応援していきたいです。

タグ: , , , ,

ブンデスリーガ観戦記【マインツ05 VS ブレーメン】

2018年11月6日 / ドイツサッカーについて, 最新情報

Ich bin Kodai. (僕はこうだいです。)

こんにちは。これから僕がヨーロッパで見たサッカーの試合について書いていきます。

よろしくお願いします。

[大会]ブンデスリーガ1部第10節

[対戦相手]FSVマインツ05 VS ヴェルダー・ブレーメン

[スタジアム]オペル・アレーナ

昔、岡崎慎司選手や武藤嘉紀選手が所属していたこともあるマインツ対現在大迫勇也選手が所属するブレーメンの試合を観戦しました。

マインツメインステーションからシャトルバスに10分ほど乗り、スタジアムから少し離れた場所に下ろされるので、そこから歩いて会場に向かいます。

キックオフ15分前に到着したのですが、既にスタジアムは大盛り上がり。マフラータオルを頭上に掲げ応援歌を熱唱。赤色に包まれた会場は選手のみならずサポーターの闘争心もかきたてます。

サポーターは選手の一つ一つのプレーに反応し、ファールの際には選手とともにサポーターも大抗議、得点の際には一気に会場が盛り上がり、隣の人とハイタッチし嬉しさを分かち合います。サポーターのチームへの愛が伝わってきました。

そんな中、先発出場した大迫勇也選手はアウェイの風にのまれたせいか、思うように実力を発揮できません。途中交代という残念な結果に。。。 半端ねぇ大迫選手を見ることはできませんでした。ただ、逆境の中でも頑張る大迫選手はとても勇ましかったです!

試合結果は2-1マインツが勝利を飾りました。先に2点先制したマインツは後半に1点返されるも最後まで守りぬきました。

やはり、海外の試合で日本人が頑張っていると応援のしがいがあります。

ブンデスリーガは他のヨーロッパの国と比べても日本人選手が多く、それもまた有名選手ばかりなので、とても楽しむことができます! また、日本人が出ている他の試合も見てみたいです。

タグ: , , , , , , , ,

ベトナムで日本人サッカーコーチ募集中

2018年10月29日 / 最新情報, 各国の募集情報

ベトナムホーチミン市内で、現在800人以上の現地の子供達に日本式サッカーを教えているチームになります。

仕事内容:

  • 他のコーチと協力してサッカープログラムを構築、運用。
  • 技術力の向上に重点を置いたサッカープログラムを管理。
  • 実務含む、カスタマーサポートにも協力、対応。

応募資格:

  • 青少年クラブやサッカーアカデミーを指導経験がある(学生の場合はサッカー指導経験がある方)
  • スポーツ大学の卒業資格、またはサッカー検定C、Dライセンスを取得している方
  • 道徳的に考え、対応できる方
  • サッカー教育の向上について学習意欲のある方。
その他のスキル:
  • 英語スキル(日常会話レベル以上)
  • コンピュータスキル:WordExcelなどができれば望ましい
手当 :
  • お問い合わせください。
勤務日:火曜~ 日曜(休日:月曜:クラススケジュールにより変更する場合もあります)
勤務時間:13002100

WEB: http://www.vjss.com.vn

お問い合わせ先:info@world-fc.net

 

 

ドイツ経由オーストラリア サッカーへの挑戦

2018年10月27日 / 最新情報, オーストラリア短期留学

ドイツ長期留学、そしてオーストラリア サッカー留学

 

プロフィール
・瀧澤 光哉(タキザワ ミツヤ)
・1997年8月14日生まれ、 AB 型。
・2016年、千葉県柏市立柏高等学校 卒業後、ドイツへ渡航。
・2016年3月~2018年4月までドイツでサッカーをプレーしながら、

友人のドイツ人 の元でアルバイト をしていた。

・2018年4月~5月まで 日本に滞在し、オーストラリアへ行くための準備。

(主にオンラインでビザ 申請&荷物整理)

・2018年5月~現在、オーストラリアでサッカーをプレーしながら飲食店でアルバイトと

ABJ Soccer Academy にてサッカー コーチをして日々生活している。

 

✔ まず初めに⏯

 

こんにち 、瀧澤 光哉です。今回は機会に恵まれ、

このような記事を書かせて頂いています。

この記事は全て私の経験であり、

個人的な意見や考え方などが含まれていますので、

参考程度に読んで頂けると幸いです。

では、何もない状況から始まった約3年前から話させて頂きます(^^)

 

 

✔海外でサッカーをするきっかけ⚽🌎

 

中学生の頃、海外サッカーをテレビで見て、海外ならではの迫力や熱量に惹かれていき、

次第に自分も海外でサッカーをしてみたいという気持ちが芽生えて来ました。

そして、高校に入学しサッカー漬けの3年間を送っていました。

高校2年の夏に大学進学か海外サッカー留学か迷っていて、その年の冬に海外サッカー留学に決めました。

自分は特に有名な選手ではなかったので、海外留学を決めたとき 、周りの反対の意見や批判の声の方が圧倒的に多かったです。

ですが、応援してくれる人も少なからずいてくれて、とても励みになりました。

決め手になったのは、家族の理解とたまたま見ていたネットページでした。そこから情報を集めたり、 色々な人と話をし、渡航を決めました。

その後、パスポートの申請や必要書類などを集め、無事に2015年3月9日に渡航しました。

18歳でこのような大きな決断をしたから今があると思うと、大学に進学せず海外留学して良かったと思っています。

 

✔ドイツ留学(2015年3月~2018年4月) 🇩🇪🍻⚽️

 

約3年間ドイツでサッカーをプレーしていて、 最初の3カ月間、サッカー寮に住み、ドイツ8部のチームでプレーしていました。

そこのチームはサッカーレベルは少し物足りなかったが、環境がとても良く、チームメイトもドイツ語が まったくわからなかった自分に対してとても優しく接してくれたチームでした。

3ヶ月後 少し離れた7部 チームへ移籍。

チームメイトにもう1人日本人がいて、その人と一緒にチームの近くの家に住んでいました。

そこのチームは、ドイツ人だけでなく色々な国の選手がいて、とてもいい経験になりました。

このチームに 1年間いて、同時に語学学校にも通っていて、

語学学校で 、ドイツ語を1から学ぶことが出来て日常生活を送る上でとても楽になりました。

そして、7部 チームから5部のチームへ移籍。

5部のチームでは2軍が7部にあり、そこで試合にほとんど出ていました。

5部のチームへ 練習参加など チャンスが何回かあったが、残念な結果に終わっていました。

単純に実力不足でもあったし、時には運も必要だと思いました。

でも、この経験はなかなか出来ない経験だったから、今は嬉しく思うが、当時はとても悔しかったことを覚えています。

今、思うともっとドイツ語を勉強をしていたらコミュニケーション能力も上がっていて、サッカーでも上に行けるチャンスがもっと増えていたかもしれません。

page4image2352

サッカーも大事ですが、それと同じくらい語学も大切だと思いました。

もし、海外でサッカーを考えている人 、語学の勉強を絶対にした方がチャンスが増えると思います。

そんなこんなであっという間のドイツサッカー留学が終わりました。

自分の人生にてかけがいない時間だったし、沢山の人と関わりを持てたから、ドイツサッカー留学をして本当に良かったと思いました。

まだまだ話したいこと 沢山あるのですが、ここにはこれだけしか描けないので、詳しく知りたい人は個人的に連絡お願いします!