ネットショッピングのように好きな時に購入し翌日には配送など、選手が好きな期間に移籍すると間違いなくリーグの均衡や秩序は乱れていきます。そこでサッカーの移籍においてはFIFAの定めたルールの下、移籍を行える時期が決められています。ここでは移籍について選手なら絶対に知っておかないといけないルールを紹介していきます。

 

まず、移籍期間についてです。

移籍期間はプレシーズン期間の1回とシーズン途中の合計2回あります。ヨーロッパの主流である秋春制(8月開幕~5月閉幕)を採用しているリーグでは、5月のシーズン終了後から8月末までが夏の移籍市場となり、シーズンの中断期間(イングランドを除く)である1月からの1カ月間が冬の移籍市場となります。

 

次に登録解除についてです。現在所属しているチームから次の移籍期間で別のチームに移籍したい場合は登録解除が必須となってきます。しかし登録解除にも移籍期間と同じで期限があります。

シーズンが終わり来季シーズンで移籍したい場合は6月30日まで
シーズン途中の冬の移籍期間で移籍したい場合は12月31日まで

これを怠るとスムーズに移籍が行えないので注意しましょう。

 

冬の移籍でのステップアップについて

・自チームでリーグ戦で圧倒的な数字、結果を残して上のカテゴリーから声がかかる
・自チームで試合に全く絡めないので、他のチーム、カテゴリーに移籍する

弊社は上記以外での冬の移籍はオススメしていません。
理由は、冬の移籍で選手を欲しがっているチームのほとんどがリーグ戦で厳しい状況、順位に強いられていて助けが欲しい場合がほとんどです。前期リーグ戦上位、中上位のチームが新しい選手を入れ今のチームの雰囲気を壊せようなことは滅多にしません。

 

ドイツ情報、ドイツサッカー情報、留学生情報を各種SNSで発信していますので、是非ご覧ください!

Twitter▼

https://twitter.com/wfc2013 

Instagram▼

https://www.instagram.com/world_football_connection_/

Facebook▼

https://www.facebook.com/footballsoccerfussball/

note▼

https://note.com/wfc0621

YouTube▼
https://www.youtube.com/channel/UCmDB3nzWnmCn2ifpLw58ZWA