TOPブログ

バイエルンミュンヘンの本拠地「アリアンツ・アレーナ」スタジアムツアー

2019年7月5日 / ドイツサッカーについて, 最新情報

Hallo, wie geht’s?

こんにちは、りさです。

 

ドイツ屈指のビッグクラブであるバイエルンミュンヘン本拠地アリアンツ・アレーナ(Allianz Arena)」のスタジアムツアーに参加してきました!

アリアンツ・アレーナの最寄り駅はFröttmaning駅です。

ミュンヘン中央駅からUバーン(地下鉄)を乗り継いで40分ほどの所にあります。

Fröttmaning駅からスタジアムまでは徒歩15分。

駅を出ると遠目にスタジアムが見えるので、道に迷う心配はありません。

 

スタジアムに近づくと、想像以上の大きさに驚きます。

でかい。とにかく、でかい。

スタジアム全体をカメラに収めるためには、ある程度スタジアムから離れなければいけません。(笑)

 

スタジアムに到着するとまずはゲートがありますが、試合日以外は解放されているので、自由に出入りすることができます。

 

「・FC Bayern Erlebniswelt ・Arena Touren」の矢印に従って、スタジアムの周りを半周ほど歩き、スタジアムツアーの受付を目指します。

 

スタジアムツアーはドイツ語のほか英語でも行われます。

私は英語のツアーとミュージアム見学のコンビチケットを購入しました。

 

ツアーの集合場所は「PAULANER MÜNCHEN」というレストランの中にあります。

皆集合するまでは、ビールとソーセージで時間を潰していました。

 

英語のツアーは、中国人、韓国人の参加者が多かったですが、ブラジルやアルゼンチンからの参加者も何人かいました!

 

スタジアムツアーでは、初めにスタンドでスタジアムの概要を説明していただき、その後ロッカールームやプレスルーム、ミックスゾーンなどを案内していただきました。

(ツアー中に撮った写真は、思い出としてあなたの中に留めておいてね、と言われたので割愛します。)

 

さすがは世界屈指のビッグクラブで、75,000人収容プレスルームは180席、ホームのロッカールームは2つなど、とても規模が大きいスタジアムでした。

ロッカールームやフィジオルームは、選手が十分に準備・回復できるような設備が充実しており、大きいだけでなく機能性も抜群でした。

 

ツアー後は、スタジアムに併設されているミュージアムも訪ねることができます。

 

クラブの歴史、数々の栄光、スタジアムについての詳しい説明など、たくさんの展示があります。

全てを見て回るには少なくとも2時間はかかります。(笑)

 

中でも私が驚いたのは、歴代の試合・所属選手の情報を全て見られるマシンがあったことです!

こちらは2011-2012に所属した宇佐美選手のプロフィール。

そして埼玉県出身の私が最も興奮したのがこちら。

そして埼玉県出身の私が最も興奮したのがこちら。

上から4つ目、とてもよく見慣れたエンブレム。

「2008年さいたまシティカップ」です!(2-4でバイエルンが勝利)

さいたまローカルな試合ですね。皆様ご存知でしょうか?(笑)

試合記録の他、トロフィーも展示されていました。

 

ミュージアムと、スタジアム内見学ツアーの組み合わせチケット

入場料

  • 大人(14歳以上) 19ユーロ
  • 子供(6−13歳) 11ユーロ
  • 幼児(0−5歳) 無料
  • 会員、65歳以上、身障者: 17ユーロ

開館日:

月〜日曜日、10:00 to 18:00

  • 試合当日
  • クリスマス、お正月

チケットはこちらより購入可能です。(英語)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013