TOPブログ

ブンデスリーガ 施設紹介 アイントラハト・フランクフルト編

2018年2月25日 / ドイツサッカーについて, 最新情報

前回ブログで紹介した ブンデスリーガ スタジアム紹介:アイントラハト・フランクフルト編 に引き続き、今回はアイントラハト・フランクフルト施設について紹介したいと思います。

 

アイントラハト・フランクフルトのトップチームとユースチームは別の場所で練習、試合を行っています。トップチームは前回紹介したコメルツバンク・アレーナで公式戦(ブンデスリーガ)を戦い、隣接した練習場で日々トレーニングに励んでいます。

20171210_101837 20171021_172945

トップ昇格を目指す子供たちは、リーダーバルト(Riederwald)にあるユース施設で日々トレーニングに励み、公式戦等を行っています。ユース施設が所有するグランドは5面(天然芝3面、人工芝1面、※もう一つの人工芝はホッケー用)、さらにフットサルコート2面、体育館筋トレルームなどがあります。また施設内にはレストラン(Restaurant DIVA)やファンショップクラブハウスなどもあります。

20170926_135644 20170926_135809

20171110_144658 20170926_135746

20180224_115247 DSC_1702

アイントラハト・フランクフルトのユースからは現在トップチームに所属する、マーク・シュテンデラ選手、ティモシー・チャンドラー選手、マルコ・ルス選手やその他大勢の国内外トップリーグで活躍する選手を輩出しています。

 

またアイントラハト・フランクフルトのユース部門は社団法人である総合スポーツクラブの一部であるため、サッカー以外にも50種目以上の様々な競技を行っています。ちなみにトップチームは株式会社でフランクフルトは2個の組織に分かれています。

コメントを残す

アーカイブ

  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013