TOPブログ

「2018年02月」の記事

ブンデスリーガ 施設紹介 アイントラハト・フランクフルト編

2018年2月25日 / ドイツサッカーについて, 最新情報

前回ブログで紹介した ブンデスリーガ スタジアム紹介:アイントラハト・フランクフルト編 に引き続き、今回はアイントラハト・フランクフルト施設について紹介したいと思います。

 

アイントラハト・フランクフルトのトップチームとユースチームは別の場所で練習、試合を行っています。トップチームは前回紹介したコメルツバンク・アレーナで公式戦(ブンデスリーガ)を戦い、隣接した練習場で日々トレーニングに励んでいます。

20171210_101837 20171021_172945

トップ昇格を目指す子供たちは、リーダーバルト(Riederwald)にあるユース施設で日々トレーニングに励み、公式戦等を行っています。ユース施設が所有するグランドは5面(天然芝3面、人工芝1面、※もう一つの人工芝はホッケー用)、さらにフットサルコート2面、体育館筋トレルームなどがあります。また施設内にはレストラン(Restaurant DIVA)やファンショップクラブハウスなどもあります。

20170926_135644 20170926_135809

20171110_144658 20170926_135746

20180224_115247 DSC_1702

アイントラハト・フランクフルトのユースからは現在トップチームに所属する、マーク・シュテンデラ選手、ティモシー・チャンドラー選手、マルコ・ルス選手やその他大勢の国内外トップリーグで活躍する選手を輩出しています。

 

またアイントラハト・フランクフルトのユース部門は社団法人である総合スポーツクラブの一部であるため、サッカー以外にも50種目以上の様々な競技を行っています。ちなみにトップチームは株式会社でフランクフルトは2個の組織に分かれています。

ニュージーランドでのトレーナー生活を終えて

2018年2月24日 / トレーナー, 最新情報

 ニュージーランドでの1シーズンのトレーナー生活を終えて、インタビューを行いました。

今後、海外に興味のある方の参考になればかと思っております。

今までの学歴、職歴、資格を教えて頂けますか?

ー学歴ー

平成20年 大阪市立市岡商業高校卒業

平成20年 医療法人 平成医療専門学校柔道整復師科入学

平成23年 医療法人 平成医療専門学校柔道整復師科卒業

平成23年 医療法人 平成医療専門学校鍼灸科入学

平成26年 医療法人 平成医療専門学校鍼灸科卒業

平成28年6月〜8月 EF sydney english school

ー職歴ー

平成19年11月 しげみ鍼灸整骨院 入社

平成23年12月 しげみ鍼灸整骨院 退社

平成24年1月 まさる鍼灸整骨院 入社

平成28年5月 まさる鍼灸整骨院 退社

平成28年9月〜平成29年1月 ファームジョブ

平成29年2月〜現在 Onehunga Sports  のトレーナー

ー資格ー

柔道整復師

鍼灸師

 

・ニュージーランドに行こうと思った経緯を教えてください?

 

自分の実力はどこまで通用するのか、海外でも通用するのか知りたかった為

 

・どのくらいニュージーランドにいましたか?

 

1年程居てました。

 

・ニュージーランドではどのような生活をしていて、どのようなチームに所属していましたか?

生活は基本的に日本よりものんびりしていました。暇な時間に英語を勉強したり、呼び出しがあれば選手の治療にあたってました。

治りが悪い選手は治療方針を変える為、さらに勉強しました。

オネハンガスポーツ(州リーグ1部)のサッカーチームに所属していました。

 

・治療するにあたって、日本との違いはありましたか?

 

はい、あります。日本では治療スタイルが型にはめられていた為本来してあげたい治療、試してみたい治療などが出来なかったです。

ニュージーランドに来て、自分が満足出来るまで治療できたのでよかったです。時間は気にした方がよかったとは思いますが(笑)監督的に(笑)

 

・海外に行き、日本でやっておけばよかった事などはありますか?

英語もそうですが、私はフィジカル的な方は弱いので、そちらの方もやっておいた方がよりトレーナーらしく

なれたのではないかと思います。

 

・海外でどのような事を学べたと思いますか?

 

学べた事はたくさんあると思います。特に英語を話せない、聞き取れない私に優しく接してくれた選手達、簡単な英語に

置き換えて話してくれたり、ボディランゲージで伝えてくれたりしたおかげでよりこちらのやる気にもつながりましたし、

早く治してあげたい、その為にどのような治療をするのか、どのテーピングをすれば少しは軽減され試合に出すことができるか

など考えたり、プレイスタイルを見て、触診することによって根本的な治療ができたりしました。

なので、間違いなく日本で居た時よりも腕は上がりました。あと、サッカーのルールすら分からなかったので

試合を観ている間に少しは分かるようになりました(笑)

 

・今後、海外に興味のある方に伝えたい事を教えてください。

 

まず私は海外に挑戦するよりも、安定性を優先してたタイプです。行くきっかけになったのは安定した職を3ヶ月後に辞めると

辞表したことです。3ヶ月後に収入が無くなるどうしようと思った時にすべてイチから築きあげていこうと思い知り合い

のいない場所、すぐには帰ってこれない場所、言葉も通じない場所を選び、海外に行こうと思いました。

私は単なるビッグマウスは嫌いだったのが幸いで、有言実行するため誰にも相談せずまず家族にうちあけ、

仲の良い友達に話して自分を追い込み海外に行かざるおえない状況を作りました。

海外に興味があるけど行く勇気がない、もしくはお金がないって言う人はたくさん耳にします。

前者の方は行く勇気ではなく、仕事を辞める勇気を持つことだと私は思います。

後者の方はまず、ビザの申請で何が必要なのかを調べ往復切符と1ヶ月分生活できるお金があれば十分です。

ニュージーランドであれば多く見積もってX線検査など病院かかる費用約3万円、往復切符約15万円、家賃・食費1ヶ月10万円

なので余裕を持って40万あれば生活できるし、その間にバイトを探し、見つからなければ帰ってくればいいと思います。

 

行く事で違う文化に触れ自分の考えが変わったり、もしくは強い意志をもったりと良かろうが悪かろうがそれが経験になり

糧となっていきます。

私の場合は勇気出して行ってよかったし、行った事によっていろんな人と出会い良い仕事を紹介してもらうことが出来ました。

 興味があればぜひ行って自分の目で確かめてほしいです。

『選手募集』 インド 2部リーグ

2018年2月22日 / トライアル情報, 最新情報

インド2部リーグのチームが選手を募集しています。

国:インド

リーグ:2部リーグ

ポジション:FW

待遇:$2000

期間:3月ー4月末、または5月末(勝ち上がれば5月末まで)

条件:今すぐ移籍できるフリーの選手

興味ある選手はビデオ、履歴書をつけてメールください。

info@world-fc.net

 

2000px-Flag_of_India

 

 

 

 

 

ブンデスリーガ スタジアム紹介:アイントラハト・フランクフルト編

2018年2月19日 / ドイツサッカーについて, 最新情報

2017/2018シーズンは、長谷部選手と鎌田選手が所属しており、過去には乾選手、高原選手、稲本選手などが在籍していたアイントラハト・フランクフルト

 

DSC_1683 20171210_101837

 

アイントラハト・フランクフルトのホームスタジアムは コメルツバンク・アレーナ(Commerzbank Arena:旧名ヴァルトシュダディオン)。フランクフルト中心街から路面電車で約20分、車で約10分(約4.5km)の距離に位置しています。トップチームの練習はスタジアムに隣接している練習場で行っています。

 

20161209_171017 20161209_170717

 

20161209_173458 20161209_164802

 

スタジアム内には 歴史的アイテムの傑出したコレクションを誇るアイントラハト・フランクフルト・ミュージアムや観戦チケット用の売店を含む広大なアイントラハト・ファンショップも併設されています。また、サッカー以外にコンサートやアメリカン・フットボールなどの様々なイベントを開催しています。

20171209_153006

 

最大収容人数:51,500名

2006年ドイツワールドカップでも使用され、なでしこが優勝した地でもあります。

スタジアム住所:Commerzbank-Arena
MörfelderLandstrasse 362
60528 Frankfurt

日本語公式サイト: https://www.eintracht.de/jp/news/

 

————————————————————————————————————————.

日本人トレーナーがNZで研修!!

2018年2月14日 / トレーナー, 最新情報

昨日ニュージーランドに渡航したトレーナーが明日からいよいよ研修先であるチームに合流します。

 

外国人を触る事、英語に触れる事、文化に触れる事と色々な経験をして、

将来の糧にしてほしいです!

 

今の自分を変えたい。
何か新しいことに挑戦したみたい。

だけど一歩が踏み出せない。

時間がないから、お金がないから。
自分自身に言い訳をして、できない理由を探します。

理由なんていくらでもつくり出せる。
どうせなら、できる理由を探してみましょう。

あなたが望めば世界は動きはじめるのです。

 

S__10494020

スクリーンショット 2018-02-14 10.52.03

スクリーンショット 2018-02-14 10.51.06

images

861976445e6ed778e7a06d733a4d6bae93af2fc4

20131112113733GROP006_1

長谷部誠、鎌田大地、そして弊社の選手の対談内容!!!

2018年2月13日 / ドイツ女子長期留学, 最新情報

 

ブンデスリーガ選手の経験者として、彼女達に伝授したい事は何か?

長谷部誠もちろん大事な事はまずは言葉を覚える事、出来るだけ早く言葉を覚えて他の選手とコミュニケーションをとる事。日本とドイツのサッカーの違いがあるので、そこをアジャストしていく事。出来るだけこちらのサッカーに自分が適応していく。違う国にいて、文化も違えば色々な事が違うので苦労する事はたくさんあると思いますが、その苦労をいかに踏ん張れるか、頑張ってそこで我慢できるかがすごく大事。

 

ドイツ語の勉強は難しいか?

長谷部誠: 日本語とドイツ語は全く言葉が違いますし、日本人のとっては難しい言語です。僕も完璧なドイツ語は出来ないですが、ただ何より伝えるって事がすごく大事な事だと思いますので、いろんなことを話すようにしている。1年、2年はずっと家庭教師をつけて授業をしてドイツ語を覚えてきた。

 

IMG_5364 7518933488_IMG_01717518933488_IMG_0111 7518933488_IMG_0082

 

 

 

 



 

 

短期留学:2017年秋

2018年2月11日 / ドイツ短期留学, 最新情報

2017年秋に将来ドイツでのサッカー、生活を目標とした短期留学生が来独しました。

弊社の短期留学システムでは、サッカーはもちろんブンデスリーガ観戦ドイツ語講座現地の文化に触れる機会など様々な角度から考えた留学システムを提供しています。

……………………………………………………………………………………….

この日は様々なカテゴリーの選手と合同練習を行いました。

そして、大切な言葉の勉強も。

20171009_141734 soccer city 1

各国の選手との交流、現地成人チームのロッカールームにもお邪魔しました。

寮の選手達 IMG_3329

ブンデスリーガ観戦:満員御礼!! 最高の雰囲気の中での試合でした。

下部リーグ試合観戦:トップリーグだけでなく、下部リーグでも白熱した試合が日々行われています。

20171021_152920 20171020_205813

フランクフルト市内探索。そして、パワーの源:お肉をいただきました。

20171022_174203 20171022_192834

弊社の選手が長谷部選手、鎌田選手と対談!!

2018年2月11日 / ドイツ女子長期留学, 最新情報

女子のEintracht Frankfurtに所属する弊社の選手2人が長谷部選手、鎌田選手と対談を行いました。   女子チームは現在3部リーグに所属していますが、 日本人女子選手の活躍、そしてチームの快進撃から彼女達が注目され、 男子チームに所属している長谷部選手と鎌田選手との対談が組まれました。

7518940608_IMG_0398

7518940608_IMG_0399

7583943840_IMG_0408

7518940608_IMG_0401

7518940608_IMG_0405

ドイツ、ポルトガル、そして日本!!!

2018年2月9日 / その他の国, 最新情報

高校卒業後、ドイツに渡航し、ドイツの4チームを渡り歩き、そして昨年までポルトガルリーグに所属していた勇碧(イサミ アオイ)

宮崎県のJ.FC Miyzaki(九州リーグ)に移籍をしました。

IMG_2124.JPG勇-768x981

経歴

湘南ベルマーレユース-EibachtalU-19(ドイツ)-Montabaur(ドイツ)-Neitersen(ドイツ)-FC Eisenach(ドイツ)-Palmense(ポルトガル)

 

 

頑張れアオイ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http://jfc-miyazaki.com/wp/2018/02/02/新加入選手のお知らせ-3/

アーカイブ

  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013